このわたしに取材依頼!?

またもや営業電話。
留守電には、わたしのことを取材し雑誌で取り上げたい、
という主旨のメッセージが…。

「えっ♪」と、ほんの一瞬喜んだが、すぐに「いや待てよ・・なんか胡散臭い」と
正気を取り戻し、その会社名をネットで検索。

芸能人・著名人がわざわざ取材先の会社や店舗まで出向いてくれて、
対談形式で取材をし、「経営者の元気を伝える情報誌」という
触れ込みの雑誌に掲載される。
一応会社も雑誌も存在するわけですね。

ではもう一歩踏み込んで、「会社名 詐欺」で検索。
すると出るわ出るわ・・・・・・
どうやら「取材商法」というのが横行しているらしい。

一応体裁の整った雑誌には載るものの、その雑誌は日本全国でも
ごく限られた書店にしか置いてないらしい。
そして向こうから取材させてくれと言ったにも関わらず、
最後に金銭を要求されるとのこと。
取材費もらうのならともかく、こっちが払うなんてどう考えてもおかしいよね?

支払う理由を聞くと、インタビュアーには一応名の知れた芸能人、
著名人などを起用するので、その肖像権だけは必要になるのだとか。
金額は最近の事例だと5万円くらい。
その昔は20万請求された人もいるんだとか。
でもその支払いを拒むと超キレられるらしい・・。

雑誌に取り上げられるのだから、広告宣伝費と思えばもしかしたら
安いのかもしれない。けど、どこでも買えるわけじゃない雑誌に
載って、一体どれだけのメリットがあるというのか?
第一、誰がそんな雑誌買ってまで読むの?
載った人しか買わないんじゃない?

架空の雑誌とかそういうわけでもないので、ギリギリ詐欺には
当たらないんじゃないかというニュアンスだけど、
「悪徳」という部類にはカテゴライズされるようだ。

ふ~・・・やっぱりね。
浮かれて折り返し電話なんてしなくてよかった。
これからも地に足つけて、状況をよく見て、気をつけて、自分を守ろう!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

悪徳業者、くたばれっ!・・と思う方、
クリックお願いしますm(__)m